食品輸出ビジネスの促進をサポート 宮城県の食材を世界にアピール

宮城県食品輸出促進協議会とは

 本協議会は、宮城県内の輸出に興味を持つ食関連事業者(生産者・加工業者・流通業者等)が、輸出に関する知識やスキルを高め、事業者相互が交流機会を持つことにより、新たな食品輸出ビジネスを展開していくことを目的としています。関連事業者の皆さんの海外輸出を積極的にサポートしていきたいと考えております。輸出に関心をお持ちの皆様の幅広い参加をお待ちしております。

宮城県内の輸出に興味を持つ食関連事業者の海外輸出を積極的にサポートもっと詳しく

会員紹介

商品紹介

  • あぶりさんま

    旬の時期に水揚げされたサンマを甘酢にじっくりと漬込み、表面を軽くあぶりました。

  • 生かき

    奥松島産の一年モノの牡蠣です。

  • 純・和豚半丸セット(正肉)

    『純・和豚』は、やわらかく、まろやかにしてジューシーです。

  • 仙台みそ

    大豆の旨みと、米こうじの甘みを程よく調和させ、すっきりとした味に仕上げました。

商品について

新着情報

香港輸出実務セミナーの実施について

 2016年2月19日に宮城日本香港協会との共催により,2名の講師を迎えて香港輸出実務セミナーを開催しました。
 講演1「成熟期を迎えた香港からの訪日旅行市場へのアプローチ」
       講師 日本政府観光局香港事務所  清水 泰正 様
 講演2「にっぽんのおむすび文化,香港へ,そして世界へ!」
       講師 百農社国際有限公司  山田 憲司 様

講演1(講師 清水氏) 講演2(講師 山田氏)



食品輸出実務セミナーの実施について

 2016年2月8日にみやぎ東北貿易促進コンソーシアムとの共催により,3名の講師を迎えて食品輸出実務セミナーを開催しました。
 講演1「仙台空港から世界へ〜仙台空港からタイ王国バンコク空港への鮮魚の輸送を例に〜」
       講師 ANAフーズ株式会社 卜部 史 様
 講演2「宮城県物産の北米輸出に向けて」
       講師 三井物産株式会社 森 泰正 様
 講演3「青果物輸出に向けた包材のアプローチ」
       講師 三井物産プラスチック株式会社 山内 英治 様

会場の様子 講演1(講師 卜部様)
講演2(講師 森様) 講演3(講師 山内様)


香港バイヤー招聘事業の実施について

 2016年1月18日から19日までの2日間,香港の食品卸商社:味珍味(香港)有限公司,興順亜洲)有限公司,Satay Kingバイヤーを招聘し,会員企業との商談会及び県内生産地の視察を行いました。
 また,香港向け食品輸出に関する情報交換会を開催し,香港バイヤーからの香港食事情の現状の説明とジェトロからの香港市場動向に関する情報提供をもとに,参加者全体で意見交換を行いました。

商談会の様子 情報交換会の様子



タイバイヤー招聘事業の実施について

 2015年12月10日から11日までの2日間,タイの食品卸商社:UTIC及びKOMATSU SUISAN(THAILAND)のバイヤーを招聘し,会員企業との商談会及び県内生産地の視察を行いました。
 また,タイ向け食品輸出に関する情報交換会を開催し,参加者からバイヤーへの質疑を中心とした意見交換及び会員からの輸出事業に関する情報提供が行われました。

商談会の様子 情報交換会の様子



シンガポールバイヤー招聘事業の実施について

 2015年10月1日から2日までの2日間,シンガポールの食品卸商社:IMEIのバイヤーを招聘し,会員企業との商談会及び県内生産地の視察を行いました。
 また,シンガポール向け食品輸出に関する情報交換会を開催し,IMEIからのシンガポール食市場の実情やジェトロ仙台からの情報提供と併せて,参加者との意見交換が行われました。

商談会の様子 情報交換会の様子


台北国際食品見本市(FOOD TAIPEI 2015)出展

 2015年6月24日から27日までの4日間,台湾世界貿易センター南港ホール(台湾・台北市)で開催されました「台湾国際食品見本市(FOOD TAIPEI2015)」に「宮城県ブース(計2小間)」を出展し,県内企業3社2団体が参加しました。会期中の来場者は6万6千人を越え,コメ,水産加工品を中心に本県食品のPRを行いました。



通常総会の開催結果について

 平成27年6月9日(火)に,平成27年度通常総会が開催されました。
 出席者,書面評決者合計58名が出席し,以下の内容を議題とし,一部について質疑がありましたが,拍手多数により承認されました。
 第1号議案 平成26年度事業報告及び収支決算について
 第2号議案 平成27年度事業計画(案)及び収支予算(案)について
 第3号議案 年会費について
 第4号議案 会則の一部改正について

 総会終了後に事例発表会を開催し,マルヤ水産株式会社の千葉卓也様より「楽天グループと連携した海外販売の取組について」紹介いただきました。

総会の様子 事例発表会の様子



2015年5月12日   台湾の輸入規制強化に対する要望書を提出しました

 台湾の衛生当局が輸入される食品について「産地証明書」添付の義務付けや,宮城県産の水産物,乳製品,乳幼児食品,キャンディ,ビスケット,穀類調整品について「放射性物質検査証明書」添付の義務付けを求める新たな規制を導入することを受け,当協議会の伊藤会長,小野寺代表幹事,赤坂幹事が東北農政局を訪問し,東北農政局長に要望書(PDF 387KB)を提出しました。

東北農政局長 豊田育郎 様 会談の様子




平成26年度活動報告

1 台北国際食品見本市(FOOD TAIPEI 2014)に出展しました

 2014年6月25日から28日までの4日間,台湾世界貿易センター南港ホール(台湾・台北市)で開催されました「台湾国際食品見本市(FOOD TAIPEI 2014)」に「宮城県ブース(計4小間)」を出展し,県内企業6社1団体が参加しました。会期中の来場者は6万5千人を越え,水産加工品を中心とした本県の出品品目は大変好評を博しました。

   

2 「FOOD EXPO 2014」(香港国際総合食品見本市)に出展しました

 2014年8月14日から16日までの3日間,香港コンベンション&エキシビション・センターで開催されました「FOOD EXPO 2014」に「宮城県ブース(計1小間)」を出展し,県内企業2社が参加しました。今回出品した宮城米と塩辛,しめ鯖などの水産加工品は試食いただいた方々に大変好評で,会期中当県ブースは大盛況となりました。

   

3 台湾バイヤー招聘事業の実施について

 2014年10月22日から23日までの2日間,台湾の食品卸商社:鼎三国際企業有限公司の尹士芬氏及び大手ショッピングモール:微風廣場の神谷哲司氏を招聘し,会員企業との商談会及び県内生産地の視察を行いました。


4 台湾裕毛屋での宮城県フェア開催について

 2014年11月11日から16日までの6日間,台湾台中市,彰化県の高級スーパ裕毛屋(ゆうもうや)で5回目となる宮城県フェアを開催しました。現地で水産加工品や農産加工品などの試食販売を行い,台湾の消費者に食材王国みやぎが誇る美味しくヘルシーな食品をPRしました。


 また,みやぎライシーレディーによる新米PRと,宮城県観光PRキャラクター「むすび丸」による餅つきを行いました。


5 香港バイヤー招聘事業の実施について

 2015年2月4日から5日までの2日間,香港の食品卸商社:新大和(香港)有限公司の横峯まり子氏及び陳凱翔氏を招へいし,会員企業との商談会及び県内生産地の視察を行いました。


6  輸出実務セミナーの開催について 

 2015年2月12日に宮城日本香港協会と共同で,香港貿易発展局大阪事務所長の伊東正裕様を講師に迎え,「日本食品輸出先としての香港の現状と展望」というテーマで講演いただきました。




宮城県内の農林水産物の放射能測定について

宮城県は、東北大学等の協力を得て、平成23年3月25日から宮城県産農林水産物の放射性物質の測定を開始しました。

また、平成23年11月からは、県合同庁舎等に7台の簡易型放射能測定器を設置し、モニタリング体制を強化したほか、平成24年1月からは、ゲルマニウム半導体検出器(放射能測定器)を1台設置し、運用を開始しています。

さらに、平成24年4月1日から施行された基準値に適合した機器改修等を行ったほか、今後も測定機器の増設によりモニタリング体制の充実強化を図りながら、厚生労働省の通知に基づく検査を実施します。(持ち込み検査は受け付けておりませんので御了承ください。)

<消費者の皆さまへ>
消費者の皆様への知事メッセージ(放射能測定結果) [PDFファイル/345KB] 
英語版 [PDFファイル/271KB] 中国語版(繁体字) [PDFファイル/343KB]
<検査結果集計表>
検査結果集計表 [PDFファイル/47KB] 
英語版 [PDFファイル/257KB] 中国語版(繁体字) [PDFファイル/192KB]
※これらの資料は,皆さまの様々な活動において御活用していただいて差し支えありません。


2011年4月27日  農林水産省へ要望書の提出を行いました

東日本大震災により、当協議会の一部の会員が東京電力福島第一原子力発電所事故の影響で多大な損害を被っている現状や、事故の風評が県産食品の輸出に中長期的な悪影響を及ぼす懸念があることに鑑み、伊藤秀雄会長が農林水産省に出向き、風評被害防止に関する要望書(PDF:625KB)を提出しました。
2日前に東北新幹線の仙台−東京間が再開されたばかりということもあり、幹部の方々は、伊藤会長から被災地の状況等を熱心に聞き取っていました。
[要望書の提出先]総合食料局長 高橋 博 様、経営局長 平尾 豊徳 様、大臣官房総括審議官(国際) 實重 重実 様、国際部長 山下 正行 様、国際部参事官 畠山 一成 様、国際部輸出促進室長 土橋 信彦 様

大臣官房総括審議官(国際) 實重 重実 様 ○○○ 総合食料局長 高橋 博 様

2013年9月30日 宮城県食品輸出促進協議会のホームページを更新しました。

ページのトップへ戻る